設計監理料について - 注文住宅 無料相談ならスタジオ・ノア~建築diary~

ホーム > 設計監理料・家づくりの流れ > 設計監理料について

設計監理料について

  • 2014-12-07 (日) 13:14
住宅の場合
※当社計算式により、住宅の場合最低額を200万円とし、総工事費3,000万円下は13%,3,000~4,000万円は12%,4,000~6,000万円は11%,6,000万円以上は10%とする。
※最終結果として総工事費の1割以下の増減に関しては変更なしとする。
※構造計算費は住宅の場合30~70万円を目安とする。但し構造、難易度によりその都度算出するものとする。
※設計監理費に各種申請費は含みません。
※遠隔地の場合交通宿泊費が加算されます。
※お支払は契約時、基本設計終了時、実施設計終了時、上棟時、完成引き渡し時の5回均等となります。
例:木造3階建、工事費2,000万円(税別)、東京都世田谷区の場合
設計監理基本料金 2,000万円×13%=260万円
構造計算費              40万円
合計                 300万円(税別)
例:鉄筋造コンクリート2階建、工事費3,500万円(税別)、埼玉県所沢市の場合
設計監理基本料金 3,500万円×12%=420万円
構造計算費              50万円
合計                 470万円(税別)
例:木造2階建、工事費2,500万円(税別)、広島県尾道市の場合
設計監理基本料金 2,500万円×13%=325万円
構造計算費              30万円
計                 355万円(税別)
交通宿泊費    10回×5万円/回=50万円
合計                 405万円(税別)
住宅以外の場合
※用途、規模によりその都度算出致します。
例:共同住宅 鉄筋コンクリート造3階建、
工事費200,000,000万円(税別)、 神奈川県横浜市の場合
設計監理基本料金 200,000,000万円×6%=12,000,000円
構造計算費(設計料の20%)        2,400,000円
合計                 14,400,000円(税別)

関連する投稿

RSS リーダーで購読する

ホーム > 設計監理料・家づくりの流れ > 設計監理料について

カレンダー
« 10 月 2017 »
M T W T F S S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
アーカイブ
ページ

ページのトップに戻る